株式会社digitalA(千葉祐介)のブロッサムにこそ著者が体得したノウハウが開示されている?

株式会社digitalA(千葉祐介)のブロッサムはある特定の狭い分野に関するノウハウやハウツー情報そのものが、商品として提供されているものを指します。
特にインターネット上で売買され、内容的にはインターネットビジネス等を成功さるポイントに関するものが多くなっています。

ノウハウやハウツーと言えば、一般の書籍においても、そう呼ばれる分野があります。しかしノウハウ本やハウツー本と違うポイントとしては、販売される部数・内容の幅・内容の深さ・実体験に基づくか否か等のポイントが上げられます。

販売される部数はノウハウ本やハウツー本では、いくら少なくても数千部程度がなければビジネスとして成り立たず、株式会社digitalA(千葉祐介)のブロッサムと比べて遥かに数量が多く出回る事を前提としています。

多く販売するには、分野の幅もそこそことして、多くの人が興味を持てるようにする必要があります。そのために、どうしても内容は概要的となり、深さは株式会社digitalA(千葉祐介)のブロッサムに比較して浅くならざるを得ないのです。

また幅が広いと言う事は、著者が実際に体得したノウハウやハウツーではなく、知識として知っている程度の内容の項目も含まざるを得なくなるのです。

それに対して株式会社digitalA(千葉祐介)のブロッサムは著者が体得したノウハウやハウツーをまとめたものを、限られた数量のみ販売開示される点が決定的に違うのです。

ノウハウ本やハウツー本に記載された内容では、著者が成功した体験をそのままトレースして実践する事は難しいもものです。そこまで詳細に記載するには紙面等の都合もあり、また多くの人に成功をもたらすノウハウやハウツーをダイレクトに開示する事が、書籍と言う性格上出来ないのです。

株式会社digitalA(千葉祐介)のブロッサムは、ごく限られた人に開示するため、トレースできるほどの細部に渡り開示して、購入者がそれを実践して成功しても著者が損失を被る事がなく、包み隠さずキーとなる部分についても開示されているのです。

すなわち株式会社digitalA(千葉祐介)のブロッサムにこそ、本当にネットビジネス等で成功できるノウハウやハウツーが惜しげもなく開示されているのです。

ノウハウ本を読み、それを実践して成功したと言う人はいないでしょうが、株式会社digitalA(千葉祐介)のブロッサムの内容を実践して成功したと言う例は多数あります。

しかし、株式会社digitalA(千葉祐介)のブロッサムに対して否定的な見方をする方も少なくありません。
それは残念ながら株式会社digitalA(千葉祐介)のブロッサムと銘打ちながら、ノウハウ本を転記した程度の質の良くない偽株式会社digitalA(千葉祐介)のブロッサムとも言えるものも出回っているからです。

株式会社digitalA(千葉祐介)のブロッサムが偽物を排除し、健全な市場を形成するために、購入のためのパンフレットの目次等に対して一層の工夫を施す事が必要と言えるのかも知れません。